The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本の女子が数学を苦手な理由

最近、ニュースを見ていたら女子の理系学生を増やすために国公立大学の理系学部が女性枠を作るというものがあった。確かに、日本は欧米に比べて理系の女子が少ないのだろう(僕はよく知らないのだけど・・・)し、これは良い事だとは思った。

 

なのだけど、僕が思う日本の女子が理系が少ない理由は、そもそも数学が苦手な女子が男子に比べて多いのでは? ということだ。

 

なぜ、そうなるか? 女子は男子に比べて数学が苦手な脳の作りだからか? 僕は違うと思うんだよね。別に数学が得意不得意に性差は無い。

 

単純に女子は、あまり数学に触れる機会が子供の頃からないから、数学の勉強の仕方がわかってないと思うのだ。

 

文系の科目、社会とかは、何度も教科書を読めば、暗記できて、高得点が取れる。他方、理数系の科目、数学や物理、科学っていうのは暗記しても得点が取れない。

 

どうすればいいかというと参考書を買ってきて、その例題をきちんと解けるようにしないといけない。解き方を暗記しないといけないんだよね。だから、手を使って、実際にノートに書いて、自分で書いて解いていかないといけない。

 

それだけのことなんだよね。男子は経験則的にそれを知ってるから、数学系は問題を解いて身体で覚えるって知ってるから得意なんだよね。

 

ということで女子の皆さんは、まず数学とか理科は参考書を買って、その例題をきちんと全部解けるようにして欲しいんだよね。じゃないと、点数なんか、絶対取れないからね。■