The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

令和時代にモテる女性が「ちょいブス」である理由

 

婚活や恋愛系のネット記事なんかを見ていると、女性は洗練された美人がモテる、みたいな記事があるけど、これって絶対違ってると思う。

 

今の時代の人気アイドルの乃木坂46とかAKBとか(僕はよく知らないのだけど)をYouTubeとかで見ると、美人は美人なんだけど、まあ、普通な感じなんだよね。

 

昔のアイドルみたいに完全な美人だと、男が女にビビってしまって声かけれないんだよね。「こえーよ」みたいな。すごい美人をデートに誘うとか今の男性にとっては恐怖でしかないわけだ。

 

そうなってくると、現実問題、女性がモテたいなら、「ちょいブス」的な感じにしないとモテないと思うんだよね。ファッション誌に出てくるような感じだと最悪にモテないと思う。男は、そんな女性には恐怖に慄き、逃亡してしまうからね。

 

もっとなんていうか、「大丈夫だよ」みたいな、男を包摂するような感じのルックスを作らないとモテないんだよね。

 

男の自信みたいなのは、今の時代、本当に0なのよ。男のライフはゼロ。そういうこと。

 

人気の女優だって、橋本環奈ちゃんなわけでしょ。すごい美人ではあるけど、スタイルとかは普通じゃんね。そんでトゲトゲしてないじゃん。長澤まさみさんみたいなのはダメなんですよ。高身長、美人、スキが無いみたいな。こえーもん、そんな女。

 

そういうとこなんすよ。

 

そこを婚活とかしてる女性は考えた方がいいかもしれない。そう思います。時代はちょいブスですわ。■