The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

【大学入試】令和時代は理工系か医療系の学部に行かないとホームレスになります、という話

 

令和時代の大学入試について語りたい。もう、これからの時代、文系の大学に進学しても食べれない時代になると思うんだよね。

 

ある程度、専門知識がないと厳しい。そもそも文系の大学卒業してなれる仕事ってブラック企業が多いんだよね。どうしても。低賃金、長時間労働、男子なら結婚できないし、女子なら女子でパワハラ地獄みたいな。

 

女子アナとかに憧れる女子いるけど、あんなん美人で現役で東大入って、かつコネとかないと無理な世界だし、一般人じゃ無理だから。夢は寝てみたほうがいい。

 

電通で東大卒の女子が自殺したじゃん。ぶっちゃけ文系卒でつける仕事なんか碌な仕事がないんだよね。弁護士とか公認会計士なれたらいいな、ってぐらいだよね。

 

そうなってくると理系で医療系か理工系にいって専門知識つけるのが良いと思う。

 

特におすすめなのが医療系なら看護学部。つまり看護師を目指す。医学部とか薬学部もいいけど、あまりに高偏差値になってくるから普通の人じゃ厳しいわね。普通の人でも入れそうという意味で看護師が良いと思う。もちろん勉強が得意だというなら、女子でも医学部目指して欲しいよね。ただ国公立の医学部、本当に偏差値高いんだよね。私立いけるなら簡単だけど、まあ、一般家庭じゃ学費払えないからね。

 

次に理工系。ここでおすすめなのが情報系。ITだよね。これから、IT需要がすごいから、絶対に良い。女性でもIT(情報系)なら、ぜんぜんやれる業界だと思うからね。女子も男子も情報系進むと良い。

 

 

ということで男女とも大学目指す人は令和は文系は絶対やめて理系に進む。その上で医療系なら看護。理工系なら情報が良い。

 

あと理工系とか医療系は大学名関係が無いから、早稲田や東大に行かないとダメみたいなのは無いから、日大とか静岡大学とか、高い偏差値の学校に行く必要はないから、自分の実力にあった学校行けば良い。

 

私立の日大とか、国公立の静岡大学とか、手頃な難しさで良いと思うけどね。大阪なら近畿大学とか中部なら名城大学とか。

 

そう思います。以上です。■