The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

大卒の新卒一括採用で高校生や大学生が知っておくべきこと

 

ニュースを見ていたら大学生の就活が始まっているそうだ。大学3年生が始めてるということだと思う。

 

日本の大学は、1、2年生は勉強して単位をほぼ取って、3、4年生はほとんど学校に行かないで就職活動するという感じだよね。

 

ここで高校生や大学生が覚えておくのは、日本企業は新卒一括採用だから、大学入学する時に浪人とか、入ってから留年とかすると、それだけでアウトなんだよね。ようはストレートで入ってストレートで卒業してないと採用されない。

 

※ただし留学生は除く。中国人とか韓国人とか外国人留学生だと留年しても浪人しててもOKだと思う。

 

例えば女子アナとかTVで見るけど浪人してないし留年もしてないわけじゃん。

 

だから、まず、そこを気をつける。高校生で大学行く予定の人は高校3年間は一生懸命やらないと人生終了ですっていう話だわね。大学は入るの大変だから遊んじゃなうと入れないからね。

 

それで3年になったら就活を始めて、入れそうな会社に入ると。この段階で重要なのは、例えば「TV局に入りたい」とか「新聞社に入りたい」とかいうのが人によってはあると思うのだけど、こういうのやると就職できないんだよね。

 

つまりTV局だったら東大生とかの中で優秀な人を毎年1人とか採用するわけじゃん。宝くじの1億円当てるより難しい作業になってくる。

 

だから、そういう拘りがあると就職できないで卒業になってしまう。そうなると、生活ができないから貧困層になっちゃうんだよね。

 

だから業界とか考えずに入れそうな会社に入る。福利厚生とか給料とかがきちとしてそうな会社に入り込む。これですわ。

 

日本の大企業って新卒の年でしか採用しないから、とにかく一回のチャンスしかなわけじゃんね。そこをモノにして就職するってのが大事なわけ。

 

面接ではとにかくヤル気をアピール。頑張ります! みたいな。だって新卒は能力差分からないんだからヤル気しか見るとこ無いんだよね。実際問題。中途採用じゃないし。

嘘でいいから死ぬ気で頑張りまーすと言えば良い。

 

これがエリートルートに入る手段。

 

まとめると、

 

・浪人や留年は絶対しない。

・職種や業界にこだわらず生活がしっかりできるホワイト企業に入る。

・面接では、とにかく、やる気をアピール(嘘でもいい)。

 

こんな感じだ思います。■