The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

【映画】整形水の感想

 

アマゾンプライムで「整形水」という韓国のアニメ映画を見たのだけど、すごく面白かった。内容としては不細工な若い女性が主人公なのだけど、ひょんなことから整形水という飲めば絶世の美人に変身できるという薬を手に入れ、主人公の女性が不細工から美人に変身して、そこから人生が変わっていくという物語。

 

主人公は不細工なことでモテなかったり男性から軽く扱われたりする。まあ映画だから、盛り上げるために、そうなるものだけど、確かに、一般的にブスより美人の方が得することが多いとは思うんだよね。

 

だからこそ、日本でも整形する女性が多かったりすると思うのだよね。ルッキズムというか。

 

だけど、実際問題、ブスな女子でも真面目にやってれば良い会社にだって入れるし、彼氏や結婚もできるわけだ。知り合いのブスな女性も普通に結婚してるしね。

 

それは何故か? と。

 

結局、人間の美醜といのは人間の持つ価値の一部分にすぎないんだよね。男が彼女にする女性を探すにしても顔だけじゃなくて性格が合うとか、生き方が好き、いろんな要素が絡み合って好きになるわけで、顔がブスだからといって絶望する必要性はないわね。

 

まあ女性アナを目指すとか、明らかに容姿がものを言う仕事を目指すのなら話は変わってくるだろうけど、それは、まあ仕方ないわね。

 

とにかく見た目なんていうのは、あくまで要素の一つにすぎないわね。そう思います。■