The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

ウクライナ避難民に日本の永住権を出すべきという話

 

 

 ニュースを見ていると、ウクライナから日本に600人くらい避難民が来ているという。それで彼らには1年間の特別ビザを日本政府が出しているという。うーーん、って感じだよね。

 

 だって1年しか基本、働けない人を会社が雇うかというと答えは否だよね。そうなってくると、いつまでたってもウクライナ避難民が自立できない。そうなると、日本政府からの生活資金の提供で生活するわけだけど、それだと日本人からの反発がだんだん大きくなるでしょ。なんで税金で食わせるのってさ。

 

 じゃあ、特別に永住権を避難民に与えて、これで自由に日本国内で仕事できるようになるから、あとは気合と根性で日本でウクライナ人の皆さんには生きてもらうというのが良いと思うんだよね。

 

 ビザさえあればウクライナの厳しい状況を鑑みれば助け舟を出す日本企業もあると思うんだよね。事実、ドンキホーテウクライナ人を雇ってるわけでしょ。だけどビザがないとどうにもなんないよね。

 

 ドイツとかポーランドみたいに日本には100万人規模でウクライナ難民がきてるわけじゃないから、せいぜい1000人くらいなわけで永住権だしても問題だと思うんだよね。

 

 まあ苦しい時はお互いさまだよね。それにウクライナは小麦がよく取れるらしいから助ければ後で小麦を安く売ってくれるかもしれないし。まあ、知らんけど。■