The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

東大に無料の学生寮を作るべきという話

 

ニュースを見ていたら日本は大学院の進学率が低いという話があった。この原因は、

日本は新卒一括採用があるから就活の時に1歳でも若い方が良いっていうのがあるから、大学院に行ったら年取るから不利になる。結果、大学院進学しないっていう単純明快な理由なんだよね。

 

だけど、それ以前に日本は大学に能力はあっても進学できない人が多いと思うんだよね。例えば青森とか名古屋に住んでる高校生で東大に楽勝で入れる学力があっても、家が貧乏なら東京に行けないんだよね。

 

大学の学費に加えて、アパートの賃貸料とか、あと食費とか、そういうお金が出せないんだよね。奨学金借りればいいっていうけど、そんなリスクとるぐらいなら高卒で、さっさと就職しちゃう。少なくとも僕の周りの人はそうだった。別に大学行かないでも、高卒で公務員試験うけて受かれば全然稼げるからね、そうする人が多かった。

 

じゃあ才能ある高校生が、どうやったら東大目指せるか? まず住居と食費がいるじゃん。東京で生活する。だから無料の3食でる寮が絶対いる。2段ベッドを並べた10人部屋とかでいいから学生寮を作ればいいんだよ。それで食事も3食出す。これだけで全国から東大を目指せるんだよ。できれば学費も無料がいいけど。

 

結局、みんなお金がないから大学を諦めてるケースが多いんだから、そこをどうにかしてないと大学院に進む若者も増えないし、どうしようもないと思いますわ。

 

だから、まず東大とか京大みたいな日本のトップの大学が寮を作るのが良いと思うのだ。■