The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本はウクライナ難民をどんどん受け入れるべき、という話

f:id:aki_pwd7:20220314221005j:plain

Photo by Max Kukurudziak on Unsplash

 

ウクライナが凄いことになっている。本当に21世紀の話かよ、って思うよね。

 

それで、これからウクライナがどうなっていくのか? と。実際問題、まったく先が読めないよね。全然、読めない。

 

ただ、そんな最中、日本ができることって、ウクライナ難民の方で、日本に来たい人が入れば、どんどん受け入れることだけだと思うんだよね。

 

もう他にできることなんか無いと思うのよね。

 

ニュースを見てたら橋下徹さんがウクライナはロシアに降参した方が被害が少なくて良いって言ってて、そういう考え方もあるだろうし、

最後まで戦うみたいな考え方もあるじゃんね、それは分からないよ、何が正しいのかなんて。

 

人命が大事っていうけど、人間には命より大事なものってあるからね。

 

ただ生きてれば良い、という単純な話でもないからさ。分からないんだよね。哲学の世界だから。

 

まあ、なるようにしか、なんないよね、って思う。

 

ただ、日本は、できる限りウクライナの難民の方を受け入れていって欲しいなって思う。それだけだわね。

 

日本とウクライナは地理的に距離があるから、難民もほとんど来ないとは思うけど、それでも来たい方がいれば、絶対助けてあげて欲しいなって思います。■