The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

衆議院と参議院、どっちが偉いのか? を考える

f:id:aki_pwd7:20210816192947j:plain

 

10月の19日から衆議院選挙が始まる。

 

始まるのだけど、日本の国会議員には衆議院議員参議院議員の2種類があって違いが、よーわからんという人がいると思うので解説したい。

 

まず単純に衆議院参議院があって、どっちが偉いの? って話だよね。

 

これだけ覚えて欲しいのだけど、偉いのは衆議院

 

国のことを、いろいろ国会議員が決めるわけだけど、衆議院が決めていて、参議院はオマケ程度ですよ。

 

物事を決めるときに、一つの組織で決めると意見が偏ったりするわけじゃん。だからオプションで参議院があるわけだ。衆議院がメインで、サブが参議院。緊急事態用ぐらいだよ。

 

例えば、何かを決めるにしても衆議院参議院で意見が分かれたとする。どうなるか? 当然、メインの衆議院の意見が通るわけだ。

 

だから、来年、参議院選挙あるけど、ここは面倒くさかったらスルーして良いです。行った方が良いけど。

 

絶対いかないとダメなのは衆議院選挙。ここですよ。

 

日本という国のルールがここで決定されちゃう。

 

じゃあ、どういう事が衆議院で決まるの? と。例えばアダルトビデオ皆さん見ます?

あれにモザイクついてるじゃん。

 

アメリカのエロビデオには無いでしょ。エロビデオのモザイクをつけるか、つけないか、これ決めてるのも衆議院

 

結構、だから大事だよね。ノーモザイクで見たいですよね。消費税の税率もここで決まっちゃう。今は10%だけど、20%やら30%にされるかもしれないんですよ。

 

分からんけどね。

 

とにかく国のルール(法律)を衆議院で作ってるんだよね。

 

だから、日本で生きていく上で、この衆議院が一番大事になってくるわけですわ。

 

そこで働く人を決める衆議院選挙は、

だから、超大事ってわけですわね。

 

そういうことなんですよねー。じゃーね。■