The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本の女性が仕事ができない理由は終身雇用です、という話

f:id:aki_pwd7:20210828194909j:plain

Photo by Element5 Digital on Unsplash

 

日本で女性の社会進出が叫ばれている昨今だけど、それが欧米に比べて進まない。

 

それには明確な理由があるんだよね。それを特に若い女性に知って欲しいんだよね。

 

なにが原因かというと日本は終身雇用制度があるわけじゃん? これは高校なり大学をでた学生を新卒で採用して定年まで雇い続ける。そういう制度なんだよね。それで、そこに年功序列が合わさってくる。新卒で年収400万円でも30歳になれば500万円になり、60あたりでは700万円とかになるわけ。そういう感じ。

 

それで、女性の場合、結婚を機に妊娠して出産するじゃない? 基本。そうなると、一時的に仕事を辞めるわけじゃん。

 

そこから、改めて転職先を探すけど、日本は中途採用がないから、当然、仕事につけない。つけても、非正規になってしまう。

 

こういうフローなんだよね。

 

男女平等に仕事ができる欧米の場合は転職が前提の社会なわけ。つまり新卒一括採用もないし、日本みたいな終身雇用もない。これってどいうことか? と。

 

つまり、欧米は簡単に企業が従業員を解雇できるんだよね。実際、欧米では一つの企業に2、3年しか在籍しない。

 

そういう状況があるから、妊娠出産で会社を辞める女性も男性と同様のキャリアを形成できるわけだ。

 

ようは雇用システムの違いの結果、日本は女性が仕事できないというだけの話。それで、もし、本当に女性が日本で仕事をできるようにしたいなら、終身雇用制度を辞めて、企業がいらない社員をバンバンと解雇できるようにしないとダメなんだよね。

 

でも、そうしようとすると左翼、立憲とか共産とかが凄いハレーションを起こすわけじゃん。結果、改革ができず、いつまでも女性が社会進出できないという帰結になるってわけだ。

 

それで、そういう日本で女性が仕事したいなら、どうするか? と。

 

ようは辞めても再就職できるような状態になっておけば良いわけだ。つまり資格をとるということ。看護師とか薬剤師とか、介護士とか、なんでもいい。弁護士でもいいし会計士でもいい。プログラミングのスキルを持つとかでもいいし、なんでもいいから中途採用されるような状態になるってこと。

 

そうであれば欧米みたいに中途でも採用されるから、女性も仕事が可能になるわけ。

 

そういう感じです。まとめとして、日本は終身雇用があるから女性が仕事ができない。これが一点。次に、そういう日本で女性が仕事したいなら資格をとる。

 

 

以上です。■