The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

五輪の日本男子サッカーは非常に良かった

f:id:aki_pwd7:20210808115613j:plain

Photo by Ryunosuke Kikuno on Unsplash

 

東京五輪のサッカー日本男子サッカーの結果は、スペイン、メキシコに敗れ4位という結果に終わった。

 

ちなみに優勝はブラジル。

 

この大会を通して感じたのは、「日本が優勝してもおかしくは無かった」ということ。

 

サッカーの勝敗は、ちょっとしたボタンの掛け違いで、決まってくるんだよね。

 

だから、結果は結果で大事だけど、長期的に考えたら過程が大事だと思うんだよね。

どういうゲームかできたか? と考えたら、先につながる良い大会だったと思いました。

 

監督の采配もいろいろ言われてるけど、僕は問題無かったと思うし。選手のパフォーマンスも良かったと思うし。

 

 

www.youtube.com

 

メキシコ戦後のインタビューでキャプテンの吉田さんが、胸を張って帰ろう、って言ってたけど、本当、やれるだけやって、ダメだったなら、それで良いじゃんって思うんだよね。

 

胸張って帰れってきてください。お疲れ様です。■