The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

婚活"不必要”論

f:id:aki_pwd7:20210704082742j:plain

Photo by Taylor Deas-Melesh on Unsplash

 

最近、ネットで婚活という言葉をしばしば目にする。

 

確かに日本人にとって結婚は一大イベントだし話題になるのは分かるのだけれども、今の時代、昭和や平成の時代と違って、「結婚しないとダメ」という時代じゃないじゃん?

 

昔って、世間的に「結婚しないなんて有り得ない」という空気があったんだよね。結婚しないと日本という社会で人間扱いされない、非国民みたいな、空気感があったなんだよね実際。男性にも女性にも。

 

だから、世間体を気にして、是が非でも、皆さん、結婚していたんですよ。

 

だけど、翻って、この令和時代、結婚していなくても「ふーーん」って感じじゃん。「好きにしてよ」「人それぞれだよ」という空気になってるし、実際、独身の中高年なんて電信柱にとまってるスズメみたいなもんですよ。そこら中にいる。

 

だったら、だよ、無理に婚活してまで結婚する必要が無いと思うんだよね。

 

子供いなければダメっていう時代でもないし。実際、安倍晋三元首相も子供いなかったし、そういう事も別に普通だし。

 

結婚してないのが普通の時代なわけで、そんな無理に婚活してまで結婚する必要なんて、もう無いんです。

 

そう思いますね。

 

もちろん良い相手ができればすれば良いと思うけどね、無理にしなくて良いですよ。■