The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

国公立大学には無料の3食付きの学生寮を付けるべき理由

f:id:aki_pwd7:20201121160734j:plain

 

ネットで生活保護家庭だと大学に進学できないことが問題だ、という話が話題になっていた。

 

news.yahoo.co.jp

 

これを読んで思ったのだけど、国公立の大学には無料の3食出る学生寮を併設すればいいと思うんだよね。

 

10人部屋とかでもいいから。若いんだから雨風しのげて腹一杯食べれれば問題ないんだって。大学生なんて浪人10年してても28歳とかでしょ。若いんだよ。

 

結局、東京大学に進学したい地方の学生がいて、最大のネックになるのは、家賃とか食費なわけじゃん。

 

今の国立大学の学費って、今上がってるから年間100万円ぐらい。4年間で400万円。ここを奨学金でカバーできても、生活費がカバーできないんだよね。1ヶ月の生活費が20万円くらいとして、1年で240万円。4年で大体1000万円。就職活動で200万円くらいかかるわけじゃん。

 

1200万円プラス400万円、1600万円。理系だと、3000万円くらいに跳ね上がる。

 

このお金ってもう、日本の一般の家庭じゃ払えないんだよね。生活保護とかじゃなくても。

 

だから、もう国公立大に無料の寮を併設しないと、教育の機会平等が保てなくて、東京に生まれないと、半分人生終わりになっちゃうんだよね。今の感じだと。

 

本当に貧困の時代だからね。■