The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

氷河期世代は起業すべきという話

f:id:aki_pwd7:20201119145219j:plain

就職氷河期世代、今の40代の方の世代が大体、就職氷河期と言われていて、卒業時に不況で、正社員になれず、そのままずっと非正規雇用で40ぐらいになってしまった的な状況がある。

 

そういう方について思うのだけど、正社員のキャリアが無いと、ぶっちゃけ、なかなか正社員で雇ってもらえないと思うんだよね。

 

日本って新卒一括採用主義というのがあるから、中途採用が少ないんだよね。そういう、雇用制度的な問題があるというか。

 

じゃあ、そうなってしまったらどうするか? というと、難しいのだけど、何でも良いから、自分で仕事を作るしか無いと思うんだよね。

 

何でも良い。

 

僕と友達で、大学を中退した人がいて、それで、「会社の就職は、まあ厳しいな」みたいな判断をした人がいて、結局、自分で、飲食店というか小さな飲み屋を自分で作って、自営業でやった人がいるんだよね。

 

ようは大学を、いろいろあって中退しちゃったから、企業に雇用されるのが厳しいから、自分で仕事を作ったわけじゃん。

 

そういう風に、なってしまったものは仕方ないから、やれることをやるしかないんだよね。結局のところ。

 

下を向いていても仕方ないから、そうするのが僕は良いような気がする。必死に考えれば、何か一つ自分1人が食っていけるようなビジネスを思いつけると思うんだよね。

 

エロとか興味がある人なら、デリヘルを起業してみるとか、知らんけど。ぜんぜん。

 

そう僕は思います。下を向いてても、しゃーないわね。起業してください。なんか。■