The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本のTVドラマと映画がイマイチな理由が分かりました

f:id:aki_pwd7:20200504183049j:plain

最近、Netflixを見ながら米や韓国のドラマや映画に比べて、日本のそれがイマイチな理由を考えていたのだけど結論が出ました。

 

それを書きたい。

 

まず日本のアニメとか漫画は、かなり面白いと思うんだよね。実際に海外でも人気じゃん。名探偵コナンとか中国で爆発的な人気があるようだし、ドラゴンボールなんて世界的に人気じゃん。あとポケットモンスターとかセーラームーン

 

だけど、日本の実写のドラマや映画は人気のないじゃん。

 

はじめは人種の問題かな? と思ったんだよね。アジア人の外見だと海外じゃ人気でないのかかな、って思ったんだけど、でも、それだと中国や韓国、台湾といった東アジアですら日本の作品は人気ないわけで説明にならないよね。

 

結局、何が違うのか?

 

僕の結論は「脚本の差」だと思うんだよね。海外作品との違いわ。

 

アメリカドラマとか、脚本が凄いんだよね。ストーリーとか物語の展開とか、キャラクターの設定とか、すごい考えられて練って作られてる。

 

日本の漫画もそうでさ、話が凄い練られてる。どうしたら読者が面白いと思うか? そういう視点で作られてる。

 

だけど、日本のドラマや映画の脚本は、適当なんだよね。なんとなく作りました的な。起承転結とか、考えてないというか。

 

これだと無理だよね。勝てないよね。

 

だから日本のドラマとか漫画原作が増えてるんだと思うんだよね。ストーリーが練られてる。

 

とにかく脚本ですよ。脚本。

 

そこが全てだと思う。そこがダメだから日本のドラマと映画は詰まらないんだと思う。■