The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

東スポ100人リストラ事件を考える

f:id:aki_pwd7:20200302131405j:plain

 

文春を読んでいたら、あのスポーツ新聞の雄、東スポが社員を100人リストラするという。

 

bunshun.jp

 

記事によるとリストラの内容は以下である。

 

希望退職者の対象は45~59歳の160人。社員約350人のうち100人、全体の3分の1近くをリストラするという。

 

350人中、100人とは大ナタをふるってるよね。あのリストラの鬼・カルロス・ゴーンもびっくりという感じである。まあゴーンさんはレバノンに逃亡しちゃったけども。

 

これね、やっぱ思うんですよ。

 

新聞はデジタルにシフトしないと生き残れない気がするんだよね。だって紙の新聞、あと雑誌、って買わないじゃん。みんな。

 

じゃあ、みんなが情報を欲して無いか? と言えば欲していて結局、情報を得る場所がネットに移動したんだよね。

 

だから新聞も、ネットで運営すれば良いだけだと思うんだよね。Netflixみたいに月額980円で記事が読めるみたいな。

 

それで生き残れるんじゃないのって思うけどね。

 

東スポって芸能記事と競馬とかギャンブル関連の記事が強いなら、それを全面にだすとか。

 

もう5年以内の紙の新聞と雑誌とTVとラジオは消滅する気がする。

 

だって新聞、雑誌はもう無理って感じじゃん。みんなスマホを見ちゃうから。そこに行くしかない気がする。

 

TVだってNetflixとかHULU、YouTubeに行っちゃうし。ラジオも厳しいよね。

 

大きな変革がマスコミ界に起きようとしている・・・。■