The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

弱者男性が風俗に絶対に行くべき理由

f:id:aki_pwd7:20201119145219j:plain

 

ネットを見ていると弱者男性論が散見される。つまりルックスが良くなかったり、経済力がなかったりする異性にモテない男性を包括して弱者男性と定義して、そういう男性の生きにくさを論じる、それが弱者男性論。

 

それで、弱者男性、つまりモテない男性の何が辛いって、SEXができない、という事だと思うんですよね。

 

こう書くと変態扱いされるんだろうけど、実際、睡眠欲、食欲、性欲、が人間の3大欲求で、その一つが満たされない事は普通に考えて苦しいわけじゃんね。だから男性の性犯罪が多いわけでしょ。綺麗事いっても事実は事実。

 

女性は逆にセックスの相手を見つけるのは簡単なわけじゃん。男と女じゃ、ぜんぜんセックスをする難易度が違うわけじゃん。

 

だから、弱者男性でSEXの相手が見つからないなら、どんどん風俗に行けば良いと思うんだよね。

 

下のような性風俗情報サイトをみると、いろんなお店が載っていて、2万円くらいでセックスができるわけじゃん。行けば良いんですよ。こういうので調べて。相手の女性はプロだし、上手いんですよ。Hが。リードしてくれますわ。めちゃくちゃ上手いからね。

 

www.cityheaven.net

 

風俗というと、すぐ女性団体とかが女性性の搾取だっていうけど、風俗嬢は高い報酬をもらって仕事としてしているわけだし搾取じゃないじゃん。

 

世の中には多くの仕事があって、その中で給与と仕事内容を比較して、自分で選んでやってるわけで被害者じゃないですよ。

 

大体、今時、風俗やってる女性なんて、Hが好きで稼げるから、やってる人が9割ですよ。iPhoneの新型が欲しいとか、その程度だよ。本当に。貧困で仕方なくなんてケースは無いよ。実際。あるのは朝日新聞の創作ファンタジー系記事の中だけだよ。

 

ということで男性はHできるし、女性は稼げる、なんの問題もない。

 

そんなわけで、どんどん弱者男性は風俗行くべきだと思う。

 

あとHじゃなくて女性と会話とかがしたいなら、街に行くとスナックとか女性がやってる小料理屋さんとかあるじゃん、いくらでも。

 

そういうとこいけば女性と会話しながらご飯食べて楽しいですよ。安いしね。それで客同士も結構仲良くなるから、仕事とかも紹介してもらえるし、すごいよ。小料理屋とかスナックのネットワークは。

 

キャバクラは、ぼったくられるだけだから、止めたほうがいい。キャバクラいくならゲイバーとかの方が圧倒的に面白いです。絶対。

 

「風俗行く男性はキモい」って女性は言いますけどね、「うっせーーーーーーーーーー、バーーーーーーーーーカ!!!!!」って話です。

 

まあ、そんな感じかなと思います。