The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

大学入試をする予定の高校生が絶対に覚えておくべきこと

f:id:aki_pwd7:20200505170457j:plain

 

大学入学、、、そこを目指している高校生は全国に多くいることであろう。もちろん、就職する人も、専門学校を目指している人もいるであろうが、今回は、高校生で大学を目指している方限定に、伝えたいことがあって書いている。

 

それは、何かというと、大学受験のテスト範囲って高校で習うこと全部じゃんね。そうなると、普通の高校だと高校3年間かけて、その範囲を勉強するわけで、大学入学試験は高校の3年の終わりじゃんね。

 

普通に、学校の勉強の進行に合わせていたら、勉強が間に合わないわけじゃん。例えば日本史だったら、江戸時代までしか終わってない時に、入試のシーズンがきて、全ての範囲が試験範囲になるわけだ。

 

つまり、どういうことか? 大学入試を予定している人は、学校の勉強は学校の勉強でしっかりするとして、同時に、自分で家で、受けたい大学の教科を調べて、自分で勉強を1年なり2年なりから、独学で進めていかないといけないわけだ。

 

じゃないと間に合わないんだよね。

 

センター試験とか本番の試験に。分かるでしょ? 言ってること。だから、もう別で自分で勉強しないと大学に受からないんだよね。

 

ここまでが総論で、ここからが各論ね。

 

じゃあ、そこで、どうやって勉強していくか? という話になるじゃんね。

 

単純に、まず、受けたい大学の受験科目を調べる。例えば早稲田大学の法学部に入りたい。そうなると、英語と国語と社会の3教科だから、家で、英国社の勉強を3年の受験の時に間に合うように自分で進めるわけじゃん。

 

それで、どうやって独学をするか? と。それは、チャートとか何でも良いけど自分で参考書を買ってきて、前から順番に学校の勉強とは別に、やっていくわけ。わからない箇所が出たら、学校の先生に授業後に質問して、疑問の穴を埋めていく。先生には「受験があるから、独学でやってるから、教えてください」って言えば、教えてくれる。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チャート式基礎からの数学1+A増補改訂版
価格:2101円(税込、送料無料) (2021/4/3時点)

楽天で購入

 

 独学の方法がわからなかったら、大学受験勉強の方法のノウハウ本があるから、そういうのを読むのも良いです。

 


 

 まあ、そういう感じです。頑張ってください。■