The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

小中高生が国語の偏差値を爆上げする方法を伝授します

f:id:aki_pwd7:20200130182035j:plain

 

国語の試験が苦手だという小中高生がいるでしょう。その、君たちに国語の偏差値が爆上げする方法を今日は伝授したい。

 

まず、なんで国語が苦手かというと圧倒的に読書量が少ないんだよね。本を読み慣れてないから、文章が読めず、内容が理解できず、結果、試験の点数が低い、それだけのことですわね。

 

よって、どうすれば良いのか? と。

 

単純に読書すれば良いんですよ。読書。

 

好きな小説を購入して開くと、見開きで2ページ分でてくる。これが大体、文字数を数えると、1200文字ぐらいだと思うんだよね。400字詰め原稿用紙で3枚分となる。試験だと、これぐらいの分量を読むこと位なると思うんだよね。多分。

 

だから1日1回、1見開き、つまり2ページずつ毎日、読むと良いと思う。時間にしたら2分とか3分で読めると思うんだよね。これを続ける。これを1年やれば国語の偏差値が爆上げします。

 

見開き単位で読んでいくから、紙の小説を買ってください。辻村深月(つじむら・みづき)さんの「かがみの孤城」とか、おすすめです。文章がきちんとしている感じの本がいい、と思う。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かがみの孤城 上 (ポプラ文庫 日本文学 421) [ 辻村 深月 ]
価格:858円(税込、送料無料) (2021/3/21時点)

楽天で購入

 

 あと僕は知らないけど、若手人気俳優の浜辺美波さんがツイッターで面白いと書いていた、白川紺子(しらかわ・こうこ)さんの「後宮の烏」なんかも女性には良いかもしれない。若い人には若い人の感性がありますからね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫) [ 白川 紺子 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2021/3/21時点)

楽天で購入

 

 男子に一押しなのは、吉田修一さんの「太陽は動かない」。心臓に爆弾を埋め込まれたスパイが活躍する小説。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太陽は動かない (幻冬舎文庫) [ 吉田修一 ]
価格:847円(税込、送料無料) (2021/3/21時点)

楽天で購入

 

この小説は、最近、藤原竜也さん主演で映画化されましたね。藤原さんは、いっつも死にかけてるよね。カイジとか。

 

youtu.be

 

あと、ちょっと良い栞(しおり)を用意するといいです。テンションが上がるから、持続しやすいと思う。

 

こういうの買って挟んで、毎日、2ページずつ読んで行く。塵も積もれば山となる。そんな感じです。

  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しおり 革 手作りしおり 栞
価格:880円(税込、送料別) (2021/3/21時点)

楽天で購入

 

 読んでいる本を見られるのが恥ずかしい人にはブックカバーもおすすめです。


 

特に今の時代、みんな本を読まないでしょ。だから、ここで大きく差がつくのです。

 

ということで、頑張ってください。■