The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

大学入試で浪人するのは止めた方がいい理由

f:id:aki_pwd7:20200408161017j:plain

 

ニュースを見ていたら医学部受験で9年浪人して、結果、いろいろあって親を殺害してしまったという痛ましい事件があった。

 

this.kiji.is

 

まず、この浪人していた人は国立大学の医学部を目指していたという。国立大学の医学部は、想像を絶するレベルなんだよね。東大とか京大入るの難しいと言うけど、それより国立の医学部の方が全然難しい。それくらい危険水域に達するレベルの試験なんだよね。

 

つまり合格しないのが普通だし、医学部なんて現役生が有利だから、浪人すると、ますます受からない。だから国公立の医学部目指すなら現役の一回に全てを賭けてダメなら諦める。これが一番良い。

 

医学部以外でも、法学部とか文学部にしたって、その後、就活するわけじゃん。そうなると、浪人してると、それだけで新卒就職でハンデ背負う。新卒一括採用って、とにかく浪人すると厳しいんだよね。

 

とにかく日本の大学に進むなら浪人は考えず現役で行ける大学に行く一発勝負。だから、高校生で大学行く予定なら、高校3年間は相当勉強頑張った方が良い。じゃないと良い学校なんて入れないよね。

 

東大とか医学部なんて朝から晩まで勉強しないと受からないよ。それでダメだったとしても、頑張った努力は無駄にならないし、どこかしら大学受かるでしょ。今なんて、ピンからキリまで大学があるんだから、私立で滑り止め受ければ良い。大体、自分の能力は分かるじゃんね。偏差値とか目安があるわけだし。

 

だから、挑戦して難しい学校を1校、妥当なレベルを1校、滑り止めで確実に合格しそうな学校を1校、こう言う感じで受ければ全滅することはないと思うんだよね。

 

なんにせよ大学入試で浪人はしない方が絶対いい。現役で入れるとこ入って、入った学校でいろいろまた頑張ればいいと思う。

 

人生なんて大学名で決まらない。■