The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本企業が通年採用に移行できないと生き残れない理由

f:id:aki_pwd7:20201119145219j:plain

 

5ちゃんのまとめを見ていたら、日本人技術者が中国に流出しているというまとめがあった。

 

blog.livedoor.jp

 

日本企業は新卒一括採用だから、その時、面接で見られるのって、基本コミュニケーション能力になる。それは、それで大事かもしれないけど、欧米や中国の企業は通年採用を行なっていて、実際の能力で採用していく。

 

そうなっていくと、海外の企業との競争にどうしても勝てない。

 

日本企業は新卒一括採用なんだけど、年功序列で給料上がって安定していく、解雇がない、という感じだったけど、今だと40歳で給料が上がったな、という時にリストラされるじゃんね。もう、最悪なんだよ。日本企業に就職するということが。

 

そうなると優秀の人ほど欧米企業、中国企業に行ってしまう。

 

それで、どんどん日本企業の業績が落ちていくわけじゃん。だから、この流れを止めるには、日本企業が通年採用に変えていくしかないんだよね。

 

全体として。

 

社員を採用する時に、年齢とかじゃなくて、エンジニアが欲しいなら、こういうスキルがある人、それで、いくら出すか明確にする。

 

そうやらないと永遠に日本企業は復活できんと思いますね。

 

まあ、簡単に変われないからね、だから、ずっと不況なんですけどね。とほほほほほほ、である。■