The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

TVは世の中に必要なのだろうか?

f:id:aki_pwd7:20200129154257j:plain

 

NHKの料金が高すぎる、という話がたまにネットや世間で話題になる。実際、高いか否かはとにかく、そもそも、TVが、令和時代にそもそも必要なのか? が謎なんだよね。

 

今なんて動画はネットで、いくらでも見られる。映画ならNetflixがあるし、ニュースなら、ネットのニュースサイト見れば良いし。

 

にも関わらず、莫大なお金を使って地上波放送を維持する意味が分からないんだよね。

 

ネットが存在しない時代ならTVがないと動画が視聴できなかったけど、今はそうじゃないわけだからね。

 

地上波が廃止されれば電波の帯域が開くと思うんだよね。そしたら、そこに携帯の電波とか飛ばせば電波資源を有効に活用できる気がするわけだ。

 

新聞だって、わざわざ紙に刷らないでネットで良いじゃんって思うんだよね。朝日新聞なら朝日新聞のサイト作って、そこを見てもらう。

 

雑誌も同じで週刊文春なら週刊文春WEBみたいなのを作って月額1000円でログインして読むとか。

 

もうインターネットがあるのだから、それに合わせて情報のチャンネルも変えていく時代だと思うけどね。どうなんだろうね。■