The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

長生きという圧倒的リスクと、どう付き合うか?

f:id:aki_pwd7:20201205153603j:plain

 

自民党が昔「人生100年時代」と言っていた時があったけど、それを聞いた時、僕が感じたのは「まじかー、きついなー」である。

 

100年だよ。100年。

 

若い時は体が健康だし、体力もあるから、人生どうとでもなるけど、歳をとると病気も出てくるし、大変だからね。

 

そう考えると、人生100年時代だというなら、ある程度、努力がいる。

 

まず思うのは健康だよね。どんどん人間、身体が弱って行くから、健康管理は大事だよね。運動するとか、睡眠をよくとるとか、あるいは、体重管理とか。

 

それから、お金もそうだよね。だんだん稼ぐ能力もなくなるから、貯金もいるしね。

 

人間関係だって、いろんな世代と付き合うようにしておかないと社会から孤立してしまう。

 

あと、贅沢しないのは大事だと思う。どんどん稼ぐ力が年齢とともに低下するから、その時に困らないように、贅沢せず、なるべく質素に生きるようにするとか。

 

あと歯も大事だよね。歯医者に定期的に行って、歯石をとるとかしないと歯がダメになると呆けるからね。

 

そんな感じだよね。

 

人間生きるって大変ですわ。とほほほほーーーーである。■