The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

【サッカー】Jリーグの外国人枠は3に戻すべき、という話

f:id:aki_pwd7:20201106100635j:plain

 

21年度のJリーグがコロナ禍の中、始まった。ゲームをするだけでも大変な状態で、選手も運営も本当大変だとは思うけど、そんな中でも熱いゲームが繰り広げられている。

 

そんなJリーグなのだけど外国人枠について思うことがあり書いていきたい。

 

今のJリーグの外国人枠は5だよね。昔は3だったんだよね。細かいことは無視して、概ね、そんな感じ。

 

僕も、昔は外国人枠を撤廃すればゲームのレベルも上がって面白くなると考えていたのだけど、外国人枠が増えても、微妙なレベルの外国人ばっか増えて意味ないなって思っちゃった。

 

外国人と日本人で多少のレベル差しかないのなら、地元の人を使った方がファンとしても盛り上がれるし、外国人枠を増やせば良いってものでもないと思うのだ。

 

例えば神戸なら、イニエスタとかフェルマーレンあたりは明らかに別次元のレベルだから、明らかに意味があるじゃん。Jリーグの価値も上がるし、見てて最高レベルのプレーをJで見られるっていう。

 

だけど、彼ら以外で、そんな意味がある外国人っているのかな、って思っちゃうんだよね。

 

神戸なら、地元の高校卒の選手を取るとか、そしたらファンも、あそこの高校の選手か、とか地元の中学校出身なら応援しがいがあるじゃん。そっちのほうが大事な気がするんだよね。多少、競技レベルが上がるより、その方が良いのかなっていう気がするんだよね。

 

それで、そのバランスが昔の外国人枠が3枚だった頃の方が良かったのかな、という気が僕はするんだよね。

 

どうっすかね。■