The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

ニートとフリーターとUberの宅配員と主婦が政治家を目指すべき理由

f:id:aki_pwd7:20210217094553j:plain

 Photo by Kai Pilger on Unsplash

 

最近、大学や高校をでてフリーターをしていたり、はたまた就職はしたらしたで、仕事って大変ですからね、秒で辞めてニートをなさっている人とか、いると思うんですよね。

 

それからUBERのアルファベットの書かれた、でかいリュックを背負ってウーバーの宅配員をしている人とかさ。街でよく見ます。だいたい飽きてくるでしょ。弁当を右から左へ運ぶだけとか。

 

あとは主婦の方ね。そろそろ子供の手がかからなくなってきたので仕事したいわ、っていう方。

 

そういう、硬い仕事ができない貴方に、おすすめの職業がある! 聞いてくれ!

 

まず条件だけど。年収1000万円から2000万円。しかも、初任給からですからね。初任給から!

 

そして10年くらい継続したら国民年金に加えて特別年金がでます。

 

相当でます。年に500万円くらいでます。今だと65歳ぐらいから。仕事は、ほぼほぼ休みです。適当に集まって、たまーに会議的なことをするだけです。

 

そして空き時間が多いので、主婦の方なら子育てもしやすいですし、ニート気質のゲーマーの方やオタクの方も、存分にPS5でスパイダーマンをプレイする時間を取れます。

 

さらに世間から尊敬され社会的地位も高く、先生! なんて呼ばれてしまいます。

 

この仕事のエントリー条件は日本人であって、25歳以上または30歳以上ということだけ。ゆるゆる条件です。

 

さて、その仕事は何か?

 

ズバリ政治家です!!!!!!!!!!!

 

選挙って、地方選挙と国政選挙があって、ニートやフリーターの貴方が狙うのは地方選挙。市議会とか県議会の議員選挙です。

 

選挙日程は以下のページで見てください。

 

go2senkyo.com

 

選挙って立候補するのに選挙供託金というのが必要になる。国の供託所という組織があって、そこにお金を預けないといけない。これが地方選挙だと30万円から50万円。この額なら、なんとか貯金して貯められると思うんですよ。

 

あとはポスターとかぐらいだと思うから、そんな、お金をかけないで戦える。今ってTwitterとかYouTube、この辺使えば資金力の無さを補えるし、あとは地道に選挙の区域の人に顔を覚えてもらうことだよね。タスキをつけて掃除するとか、分からんけど、そんな感じでしょうか。

 

それで、晴れて当選すれば地方議員の任期は4年間だから、これで年収1000万かける4で4000万円。つぎは貯金ができているから、その経験をいかして、市長選挙とか国政選挙にでるのもいいよね。そうなると、年収2000万円になるわけ。

 

参議院なら任期6年だから、1億2000万円手に入る。国政とか市長とかだと、いろんな優遇があるから、お金いっぱい入ってきます。まあ、政治家は日本国民全員の命を背負ってるわけで、ある程度は優遇されるってわけです。

 

日本って公務員人気じゃん? だけど試験倍率と議員選挙比べると、倍率が選挙の方が低い。つまり圧倒的に公務員試験より議員選挙の方が簡単なんだよね。

 

こんな国ってないからね。議員なるのが公務員なるより簡単なんだよね。しかも定員割れしてるからね。下手すると立候補するだけで通る。

 

あと必要なのは立候補する度胸だけ。しかも落ちても死なないですからね。

 

ということで、みなさん、どしどし立候補しましょう!■