The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

百合系漫画の作り方が面白いなと思った話

f:id:aki_pwd7:20201019200841j:plain

 

最近、百合漫画の「割り切った関係ですから。」という漫画が好きなのだけれど、どういう漫画かというと女性教師と女子高生の恋愛漫画

 

 

 

どんな感じかというと、以下の感じである。

 

上の足を舐めている女性が高校の先生で、下の足を舐められて怒っているのがその女子高生。この2人が主人公。

 

f:id:aki_pwd7:20210121083741p:plain

 

こういう系統の漫画ってどういう感じに作成しているのかな、と思っていたら3巻の巻末に作者のフラワーチャイルド先生の物語の作り方が載っていて、「うお?!」と思った。ちょっと、それを一部見てもらいたい。

 

f:id:aki_pwd7:20210121090113p:plain

「割り切った関係ですから。」3巻より

 

漫画は、まずプロット(あらすじ)を作って、次に、ネーム(コマ割り)をして、最終的にペン入れ(絵を描く)というフロー(流れ)なんだけど、フラワーチャイルド先生はPCのワープロソフトでプロットを作っているようなんですけど、それが、やっぱ、あれなんですね。

 

もうプロットからエロいんだなと思った。

 

これ1人で紅茶でも飲みながら家でPCに向かって書いていると思うのだけど、結構、恥ずかしいものがある気がする。

 

恥ずかしいですよね、これは。

 

いや、良いんですけどね、馬鹿にしてないです。

  

こういう舞台裏があって、素晴らしい作品が生み出されるのだな、と思いました。

 

人に歴史ありです(意味不明)。■