The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

【TVドラマ】逃げ恥・新春スペシャルの感想

f:id:aki_pwd7:20200512114838j:plain

 

世間で話題になっている逃げ恥の新春スペシャルをTVerで視聴した。

 

tver.jp

 

内容としてはTVシリーズの逃げ恥の続編。

 

主人公の森山と津崎夫婦が事実婚をしていて共働きをしている状態から物語は始まるのだけど、森山が妊娠して、家事育児の分担の問題であるとか、夫婦の苗字をどうするかという夫婦別姓の問題、育児休暇の問題とか、現代の結婚が抱える問題が次々と夫婦を襲うのだけど、どうにか、こうにか2人で力を合わせ力強く乗り越えていうという物語。

 

とにかく、面白かったから見た方が良いんじゃないのかな、と思う。脚本を書いているのがアンナチュラルの野木亜紀子さんで、この人が脚本を書いているドラマは毎回、良いんだよね。

 

なんか考えされらるというか内容が深いんだよね。素晴らしい才能ですよ。僕に言われても、って話だけど、毎回面白いもんね。

 

それはそれとして、ドラマ自体は良かったのだけど、やっぱ僕が思ったのは、今の日本で共働きをするというのは大変だなと思った。

 

やはり、旦那さんが仕事をして、嫁さんも仕事していると、子供いない時は良いのだけど、ドラマでもそうだったけど、子供が産まれると、津波のように問題が発生していく。

 

根本的に、夫婦両方が仕事していると、誰が子育てするかというと、夫婦では不可能なんだよね。

 

そうなると、選択肢は親に預けるか、シッターさんを雇うか、ということになると思うんだよね。保育園とかいっても長時間預けられないから現実的じゃないよね。実際問題。

 

ドラマだと最終的に嫁の森山さんが実家に行って、自分の両親と子育てして、津崎さんは単身赴任的な感じで落ち着いた感じだったんだよね。

 

現実の夫婦の多くは、日本の場合は、お嫁さんが会社を辞めて主婦をして、旦那さんが仕事をするという役割分担が多くて、それ以外の形が、ちょっと日本だと成り立たない感じがあるんだよね。

 

だから、まあ、現状で、結婚して子供が欲しいような方がいたら、男が仕事して、女が家事育児じゃないと、良い悪いは別にして、今の日本だと成り立たないっていうところは、若い人は頭に入れておいた方が良いのかな、という気がする。

 

まあ、分からんけど、難しい問題ですわね。

 

なんにせよ面白いドラマだから必見だと思います。■