The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

「惑星探査機・はやぶさ2」を解説します

f:id:aki_pwd7:20201209100753j:plain

Photo by Guillermo Ferla on Unsplash

 

 

「惑星探査機・はやぶさ2」が「小惑星リュウグウ」から、砂を持って帰ってきたというニュースが世間で話題になっている。

 

www3.nhk.or.jp

 

そこで、ぼくは宇宙産業について全く知識がないのだけど、Amazon竹内結子さん主演「はやぶさ」を視聴し、宇宙とはやぶさについて知見を得たので、今回は「はやぶさ2」について解説していきたい。

 

www.youtube.com

 

まず、はやぶさ2というのは軽自動車ほどの大きさの小型の探査機である(下のイラストを参照)。

 

f:id:aki_pwd7:20201209095459p:plain

はやぶさ2のイメージ(JAXAホームページより)

 

まず、この探査機をロケットに乗せて宇宙に運びます。そしてロケットから、はやぶさ2を出して、小惑星リュウグウにいき、そこの砂を採取して、また地球の近くに来て、採取した砂を入れたカプセルを地球に投下し、JAXAが回収したという流れ。

 

下の写真が、はやぶさ2が撮影したリュウグウです。こういうのガンダムでよく見ましたね。

 

f:id:aki_pwd7:20201209100110p:plain

小惑星リュウグウの写真(JAXAのホームページより)

 

この小惑星リュウグウというのは直径1キロぐらいらしくて、火星らへんにあるらしいんだよね。そこまでいってリュウグウの砂を採取してきたと。

 

はやぶさ2の操作は地球から電波を使って行われました。今流行りのリモートワークです。

 

f:id:aki_pwd7:20201209100514p:plain

小惑星リュウグウの写真(JAXAホームページより)

 

その砂を調べると、どうやって地球ができたとか、そういうのが分かるらしいです。楽しみですね!

 

はやぶさ2も橋本環奈ちゃん主演とかで映画化して欲しいですね。竹内結子さん主演の映画「はやぶさ」、かなり良かったからね。

 

では!■