The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

中国のミニEVが46万円でかなり良いという話

f:id:aki_pwd7:20201130110850j:plain

Photo by Emmanuél Appiah on Unsplash

 

 

朝日新聞を読んでいたら、46万円の中国のミニEVが、とても良いという記事があった。

 

www.asahi.com

 

同じEVのニュースが別のニュースサイトにもあった。

 

blog.evsmart.net

 

YouTubeに動画もあった。なんかワゴンRっぽい。

 

www.youtube.com

 

下は朝日新聞の記事から。

 

なにより世間を驚かせたのが、価格だった。家庭用電源を使った6~7時間の充電で120キロ走れる最安モデル(エアコンなし)が2・88万元(約43万円)、エアコンありが3・28万元(約49万円)。そして170キロ走行できる遠距離モデルが3・88万元(約58万円)と中国でも飛び抜けて安い価格に設定された。短距離向けのためコストがかかる電池代を抑えられたほか、部品をほぼ国産化したことも大きい。

 

家庭用電源で6〜7時間で満充電で120キロ航続できると。それで43万円だという。

 

すごく良くないですか?

 

日本で発売したら売れる気がする。特に地方都市だと一戸建てが多いから家で充電できるし、高齢者ならば大きい車は必要ないと思うし。

 

是非、中国さんに日本で発売して欲しいです! ■