The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

少子化は精神論で解決できない理由

f:id:aki_pwd7:20201019200841j:plain

 

自民党麻生太郎財務大臣が、少子化の原因は「産んだら大変とばかり(みんなが)言うから」と国会で発言したと言うニュースを読んだ。

 

少子化の原因「産んだら大変とばかり言うから」 麻生氏

 

財務金融委員会で、少子化の原因について「一番は、『結婚して子どもを生んだら大変だ』ばかり言っているからそうなる」などの「持論」を展開した。少子化対策のため、政府が新婚カップルを応援してはどうか」と質問したことに答えた。

 

麻生氏は、「独身者に『おまえ、結婚は夢があるぞ』と堂々と語っている先輩の人はほとんど聞いたことない。結婚だけはやめとけ、大変だぞ、とみんな言うから。結婚は夢がある、子どもを育てるのはおもしろいって話がもっと世の中に出てこないと、なかなか(子どもが増えるという)動きにならないんじゃないかというのが正直な実感」と語った。

 

www.asahi.com

 

いやいや、そんな、みんなが結婚が大変だから、って言ってるから結婚しない人や少子化が進んでるんじゃ無いと思うんだよね。

 

じゃあ、原因は何か?

 

お金だと思うんだよね。お金。

 

例えば就職氷河期世代が結婚していない人、子供を産んでいない人が多いのだけど、これだって、就職氷河期で就職できず、お金がなかったから、ですよね。

 

今だって、結婚できている男性のデータをみると明確に年収600万以上ぐらいになるとみんな結婚していて、それ以下の男性は結婚していない。

 

こういったことを考えると、日本の場合、結婚が少なくなったり、少子化になっている原因は、お金だと言えると思うんだよね。

 

欧米とか他の地域は分からないけど、少なくとも日本では、そうだと思うんだよね。

 

だったら、何らかの金銭的援助を行わないと少子化は改善されないのだよね。例えば年収300万円の男性がいて、彼がその年収で今の日本で結婚しようと思うだろうか? と言う話なんだよね。思わないでしょ。

 

だって、なんだかんだ言って男性が女性を養う文化が日本にはあるわけで、そうなってくると、物理的に低い収入の男性は結婚しないから少子化になっていく。

 

だから対策を打つなら、お金で、例えば結婚して子供が生まれました。そしたら国からお祝い金で100万円だすとかね、あるいは子供が成人するまで1人につき月に子供手当を5万円だすとかね、小学校とかの給食代金を払えない家庭が増えているなら、そこを無償化するとか、そういうことなんだよね。

 

大学の費用が高いと言うなら国公立の大学の学費を無料にするとか、とにかくお金を出さないで精神論で攻めてもなんも解決しませんて。

 

そう思いますよ。みなさん、どう思います?■