The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

新井浩史さんの性的暴行事件から知っておくべきこと

f:id:aki_pwd7:20201117204558j:plain

俳優の新井浩史さんの性的暴行事件で高裁において懲役4年の実刑判決がでたというニュースを読んだ。

 

news.yahoo.co.jp

 

この裁判で争われているのは刑法177条の強制性交等罪。

 

刑法第177条(強制性交等)

 

十三歳以上の者に対し,暴行又は脅迫を用いて性交,肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は,強制性交等の罪とし,五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し,性交等をした者も,同様とする。

 

つまり暴行または脅迫をして、無理やりセックスをしたら強制性交罪になり、5年以上刑務所に行きますよ、という話。

 

ポイントとしては5年以上の懲役刑というところで、3年以上の懲役刑の場合、刑事訴訟法で、執行猶予が付かないらしいんだよね。つまり強制性交罪に認定されると即刑務所で、しかも5年以上。5年は長いからね。相当、重い罪となる。

 

最近、法律が改訂されたらしくて、強姦が重い罪になってるんだよね。昔は親告罪だったし、けっこう、うやむやで終わってた気がするけど、今は普通の犯罪だからね。警察がきて逮捕される。

 

ようは、同意がとれてないセックスをすると、勘違いだとしても、5年刑務所に入る可能性が高い状態だから、セックスをするときは、相手と同意を明確にとらないと、あとでレイプでした、ってなると簡単に刑務所という状態なんだよね。

 

ネットの出会い系アプリで会った女子の家に行ってHしました。だけど女子が実は同意がなかった、強姦されました、と警察にいきますと言ったと。もうアウトですよね。真実は分からないもんね。だからHする前に、よく相手の人物像を知っておかないといけない。きちんとしたバックグラウンドやキャリアがあるとか。じゃないと死にます。

 

本当に、よくよく確認をとらないとHしてはダメって時代になったといことです。まあ、女性の体を守るという意味では良いと思うけど、そういう状態ということです。気をつけましょう。■