The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

JOCの女子選手の性的画像対策に思うこと

f:id:aki_pwd7:20201022201026j:plain

JOC(日本五輪協会)が女子選手の訴えを聞き、ゲーム中に性的な感じで写真を撮影されインターネットで共有されることに対する事例に対して対策をうつというニュースがあって考えさせられた。

 

JOC、性的画像対策へ 被害拡大、女子選手が声

 

 女子選手が競技会場で性的な意図で写真を撮影されたり、会員制交流サイト(SNS)にみだらな文章や画像を拡散されたりする被害拡大を受け、日本オリンピック委員会(JOC)が選手の環境を守るため競技横断的な対策に乗り出すことが12日、関係者への取材で分かった。

 

中高生や全国に広がる問題を踏まえ、各競技団体へ実態把握のヒアリングを実施。日本スポーツ協会や全国高等学校体育連盟などとも連携を目指し、連名で被害防止の声明文を出すなど具体策の検討に入る。

 

 今年8月ごろ、陸上の日本代表経験もある複数の現役女子選手から日本陸上競技連盟のアスリート委員会へ相談があった。競技中にお尻や胸など体の一部分をアップにした写真を無断で撮影される被害が多発していたという。近年、性被害を告発する「#MeToo」や性暴力根絶を訴える「フラワーデモ」といった運動が活発になる中で、日本の女性アスリートが声を上げ始めた形だ。

www.sanspo.com

 

まず、以下の女子大生の陸上選手の動画を見ていただきたい。

 

youtu.be

 

日本人の感覚からすると露出が激しいんだよね。だから、こういう女性アスリートをスタジアムで日本の男性が見るとHな気持ちになっちゃって、結果として写真を撮って、家に帰って、いいなー、って見る、みたいな流れだと思うんだよね。

 

これが欧米だと、多分、これぐらいの露出って普通なんだよね。だから、いちいち欧米の男性って興奮しないなんだよね。このレベルだと。

 

これ難しいのだけど、日本は社会で性とか露出とかに厳しいわけじゃん。性に対してオープンじゃない。だから、社会の表側でセックスなんて興味ないよ的な空気がある反面、裏側では世界一の性産業の市場があって歪んでるんだよね。

 

例えば性教育を欧米は小学生とかでコンドームを使い方とか学校でするけど、日本だと子供に性の話なんてとんでもない、みたいな空気がある。だけど、実際は裏側で性産業が盛んだったりして、意味がわからない状態なんだよね。

 

欧米の女性とかプロテニスとかで、ノーブラで乳首の形がわかるようなユニホームなんて結構普通なんだよね、だけど、日本でノーブラだと「ノーブラ!!! えっろーーーー!!!」ってなって男性陣興奮しちゃう。

 

あと普通の状態でも欧米の女子だとノーブラとか胸の谷間だすような服って普通なんだよね。だから、その程度じゃ普通興奮しないんだよね。世界だと。

 

でも日本で若い美人がノーブラで乳首の形がわかるような薄着をしていると、男性が興奮しちゃうんだよね。橋本環奈さんが仮に、ノーブラのタンクトップで歩いていたら、それだけでエロいってなると思うんだよね。でも海外じゃ、それがノーマルだからいちいち興奮しないわけ。

 

つまり日本の男性が女性の露出に対して耐性が無いから、すぐ興奮しちゃうわけ。そこが本当の問題だと思うんだよね。

 

欧米だと高校生で車の免許とれて恋愛してセックスしてるわけ普通に。小中学生はきちんと性教育受けてコンドームとか避妊とか生理の授業を受けてるわけだ。

 

だけど日本はセックスの体験も少ないし、恋愛もしないし、性の授業もない、つまり欧米の人に比べ、性や恋愛の面で子供すぎるんだよね。だから、陸上のユニホーム程度で興奮して盗撮事件が起きちゃうんだよね。

 

こう考えると社会全体がセックスを普通と事して、性欲なんて人間なんだから誰にでもあるんだから、普通に受け入れる事が第一歩だと思いますね。

 

そう思います。■