The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

生活に困窮した時は福祉事務所に行くべき理由

f:id:aki_pwd7:20201109091810j:plain

Photo by Randy Jacob on Unsplash

 

最近、ホームレスにお弁当を配っているデンジャラス赤鬼さんのYouTube動画をよく見ている。人生色々ありますし、一寸先は闇ですよね。明日は我が身としか思えない。

 

youtu.be

 

皆さん、いろいろな事情があってホームレス生活をしているのだと思うのだけど、財布の中にお金がゼロ円とか、あるいはシングルマザーで子供いて、お金なくて、本当にどうしようもない、という状態の人って結構いると思うんだよね。

 

そういう場合、まずどうすべきか? を考えたい。

 

結論としては、どこの県でも市でも「福祉事務所」という厚生省の出先機関があるから、ここにいって職員の方と生活相談すればいい。

 

www.mhlw.go.jp

 

ここにいくと生活福祉資金といって当面の生活費を貸してくれる。50万円とか、それぐらい借りれるから本当にお金ないなら利用できる。

 

gritweb.co.jp

 

本当に立ち行かないなら生活保護も申請できる。申請が通れば、今だと家賃代として月に5万円、生活費として月に10万円ぐらいでる。あと医療費とか免除もある。母子家庭とかなら、もうちょい増えるから、福祉事務所で相談すると良い。

 

60歳超えてれば、まず生活保護出ると思うから高齢の人は特に行った方がいい。

 

gritweb.co.jp

 

区役所とかでも良いのだけど、多分だけど、区役所の職員は生活保護とかの申請とか相談乗ってくれない気がするんだよね。区役所の雰囲気から、とても言い出せる雰囲気じゃないからね。困窮した場合は、福祉事務所行った方がいい。

 

ということで、どうしようもなくなったら皆さん、福祉事務所に行ってください。恥ずかしいかもだけど、仕方ないときも人生ありますよ。■