The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

若者が自殺すべき、じゃない理由

f:id:aki_pwd7:20200128185115j:plain

若者の死因のトップが自殺だというニュースを読んだ。

 

www.sankei.com

 

日本は一回レールから外れると厳しい構造があるから若者が自殺しがちなんだと思うんだよね。だけど、今の時代、若者ならレールから外れてもなんとかなるから30歳以下なら死なない方が良いよ、という話がしたい。

 

まず学校とかでイジメにあって通えない人とかなら、今ってネットの高校や大学があるから、そこ行けば良い。N高とか、その辺だよね。

 

nnn.ed.jp

 

 

小中学校に関しては、一回も登校しなくても、今のシステムだと、ぶっちゃけ卒業できるから嫌なら行かなければ良い。家で、勝手にテキスト買って、自分で勉強すればいい。Amazonとかで良いテキスト売ってるから自習で十分、知識は得られる。こういうのね。

 

 

チャート式基礎からの中学1年数学―新学習指導要領準拠
 

 

昔から勉強の基礎は「読み、書き、ソロバン」。つまり国語と数学が全て。今は国語と英語と数学ね。英語もできないとダメ。この3科目だけきちんと自習しておく。一生使うから。

 

国語はラノベ読んでおけばいいです。国語力は小説読めばつきます。コノスバとか良いと思います。笑えるし面白い。

 

 

英語は目標としてTOEICという英語能力試験があるから、それで満点目指せば良い。大体、東大生で8割くらいだと言われてるから、満点とれば英語は東大生超えれるから、16歳までに満点を取る、これでいこう。

 

英語の勉強の本もアマゾンに多くあるので自分で独学。下の本は有名。

 

  

IT企業家の人に言いたいのだけど、ネットの小中学校を作って欲しいんだよね。そうすれば救われる子供が多くいると思うんだよね。別に正規で国からの認可がとれなくても、勉強できるネットベースの小中学校があれば本当にいいと思うんです。実際、日本は、小中学校は登校しないでも卒業できるから、あとは現実的な能力がつけばいいわけだから。

 

大学なら、いろいろあるけど東京通信大学とか。とにかく、通信制の大学は多くあるので、Googleで調べてもらえば、多く情報が手に入る。

 

www.internet.ac.jp

 

また仕事だって30以下なら、どうとでもなると思う。昔は新卒一括採用がガチガチに厳しかったから、あれだけど、今って30くらいまで、よほど大企業じゃない限りチャンスあるからね。大丈夫だよ。

 

ということで、もう少し生きてみたらどうだろうか。■