The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

Go To Eat キャンペーンは2パターン

f:id:aki_pwd7:20200508170040j:plain

 

コロナ対策の一環であるgo to eat キャンペーンが始まった。それが結構、良いなと思った。その概要は農水省のページが分かりやすいので、それを見ながら解説したい。

 

gotoeat.maff.go.jp

 

まずページトップを見て頂きたい。

 

f:id:aki_pwd7:20201006093335p:plain



go to eatキャンペーンは、お食事券を購入するパターンと、ネット予約し飲食店に行くとポイントが付与されるパターン、の2パターンがある。

 

そして、お食事券パターンは以下のルールである。

 

f:id:aki_pwd7:20201006093637p:plain

f:id:aki_pwd7:20201006093909p:plain

お食事券を購入すると購入代金に25パーセント上乗せされたお食事券が購入できる。つまり1万円分のお食事件を購入すると1万2500円分の食事券が手に入るというわけだ。そして、有効期限が来年4月まで。

 

f:id:aki_pwd7:20201006153359p:plain

お食事券見本

 

また、このお食事券は、自治体によって異なるが、500円ないし1000円のチケットの綴りになっており、おつりが出ない。チケットを切り離して家族で使うのも良いのではないか?

 

次にポイント付与パターンを見ていこう。

 

f:id:aki_pwd7:20201006094040p:plain

f:id:aki_pwd7:20201006094113p:plain

インターネット予約していくと食事に使えるポイントがもらえるという。これも良いよね。また利用できる予約サイトは以下13社である。

 

f:id:aki_pwd7:20201006153622p:plain

f:id:aki_pwd7:20201006153627p:plain

使える食事予約サイト 全13サイト


 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

批判の多いgo to キャンペーンだけど、このgo to eatは結構良いかなと思う。外食をよく使う人は、良いかも。

 

ただ思ったのは、お食事券パターンだけで良かったと思うんだよね。大体、複雑にすればするほど、分かりにくくなるから。できるだけキャンペーンは単純な方が上手くいくと思うんだよね。僕はね。

 

どうですかね。■