The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

クラウドゲーム時代到来で任天堂が倒産しちゃう説

f:id:aki_pwd7:20200821101136j:plain

Amazonクラウドゲーム・サービス「ルナ」を始めるというニュースを読んだ。

 

 

アマゾン、クラウドゲームサービス「Luna」を発表--グーグルの「Stadia」に対抗

 

 Amazonがゲーム業界に参入する。同社は米国時間9月24日に開催した大規模な発表イベントで、クラウドベースのゲーム配信サービス「Luna」を発表した。「Fire TV」、スマートフォンタブレット、PCを対象としたこのサービスは、Microsoftの「xCloud」やGoogleの「Stadia」と競合するものだ。

 

招待制のアーリーアクセスプログラムの一環として、ゲームチャンネル「Luna+」が月額5.99ドル(約630円)で提供される。同サービス向けのコントローラーも販売され、アーリーアクセス期間は49.99ドル(約5300円)となる。「Xbox One」のコントローラーや「PlayStation」の「DUALSHOCK 4」のほか、マウスとキーボードでもプレイできる。

 

japan.cnet.com

 

グーグルやマイクロソフトクラウドゲームサービスをすでに展開していて、こういうクラウドのゲームが主流の時代になったら、任天堂ソニーのゲーム機も売れなくなってしまうのかしら?

 

どうなんだろうね。これから5Gとか、高速通信企画が始まるわけでしょ。

 

個人的には、わざわざ専用のゲーム機を買わないでもゲームができるというのは嬉しい。ドラクエとかFFとかしたくても、本体買うの大変だし。PCとか、スマホがあればできちゃうって言うじゃない?

 

まあ、だけど、クラウドでデータ処理していくなんて技術的に本当にできるんですかね? できれば、凄いけど、例えば格闘ゲームでも遅延とかあるじゃんね。

 

何にせよ、頑張って欲しいですね。■