The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

令和女子が目指すべき仕事図鑑

最近みたニュースだと女性の大学進学率60%で男性の55%を超えたというニュースを見た。

 

education-career.jp

 

こうなってくると学歴だけ見れば日本は、女性>>>>男性、という状態なんだわね。そういう女性の社会進出が増加している日本なのだけど、日本は世界の中でも特殊な雇用制度だから、そこを女子は覚えておく必要がある。

 

それは終身雇用制度というもので、新卒で一度入った会社に定年退職も所属するというもの。こういう制度があると、一回でも会社を辞めてしまうと基本的に貧困層になってしまう。

 

そして、女性は恋愛・結婚において会社を辞めるケースが多い。妊娠であったり子育てであったり、と。だから、女性は辞めても再就職ある仕事につく必要がある。つまり、女性は選べる仕事の範囲が少ない。代わりに男性にはない結婚して主婦になるというオプションがある感じだと思う。

 

そこで、実際、日本で女性は、どんな仕事につくと良いのか? をそれを考えたい。

 

1)プログラマー

いま、女子に一押し仕 事はプログラマ。転職の多い業界だから、終身雇用がネックにならない。また流行のリモートワークにも対応してる仕事なので子育てとの両立がしやすい。目指す女子は大学か専門学校に行って、情報系の学部等に入り学ぶこと大事になってくる。理数系やコンピュータに苦手意識がなければ秒で、令和女子が目指す進路はここです。

 

2)医療系職

医師、薬剤師、看護師、介護士、この辺の資格職も女子と非常に相性がいい。資格があるので転職が容易だし、男性より基本的に人と世話をする仕事の適正は高いからね。競争力もある。給料もよろしい。介護士の給料も上がってますしね。

 

3)公務員

親方日の丸というだけあって手堅いし給料も良い。高卒の人は高卒枠で受験できるから受かりやすい。狙い目です。大卒だと試験がかなり大変だけど、なれるとかなり良い。ただし、結婚とかで辞めると厳しい。再就職がない。

 

4)学校の先生

幼稚園、小中高あたりの教員も良いと思う。やっぱ子供に勉強を教えるのに女性は向いてるというのは事実だし、資格職だから転職もそこそこ良い。

 

5)主婦

最近、婚活というワードを頻繁に耳にするが、女性は子供を産める性ということもあり、養ってもらえる面がある。だから、ある意味で女性にとって結婚は就職だわね。それなりに稼ぐ男子と結婚すると言うのも手であろう。

 

6)法律や経済系の資格

法律や経済が好きなら、そっち系の資格を取るのも良い。大変だけど好きこそものの上手なれ、です。法律系なら弁護士、司法書士行政書士、社労士、宅建。経済系なら税理士、公認会計士、簿記、なんかがあって難易度もいろいろあるから自分にあったレベルの資格をチョイスするとよろしい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

つまり、大学なり高校をでて普通の会社で正社員で事務をするという感じが王道的に語られるけど、結構、そのルートはリスキーだから、なるべく女子は手に職をつけた方がいいよ、という、それだけの話だよね。では。■