The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

ジョブ型雇用に変われば女性の給料は男性と同じになります、という話

f:id:aki_pwd7:20200504183049j:plain

日経新聞を見ていたら、日本企業がジョブ型雇用を検討しているというニュースがあった。

 

www.nikkei.com

 

ジョブ型雇用というのは、経理なら経理、法務なら法務、プログラマならプログラマ、と自分が行う仕事を決めて入社する方式で欧米では一般的な方法。

 

日本の今の雇用だと、新卒で会社に入って定年まで同じ会社にいて、営業やら経理やらエンジニアやら、いろんな仕事をするという感じ。この今の日本の制度だと新卒の時しか基本的に会社に入るチャンスがない。それで、女性は結婚して会社を辞める人が多いから、そうなると、日本の場合、再就職がないから、非正規の仕事とかしかないから、一気に給料が下がってしまう。

 

だけどジョブ型雇用になれば基本的に中途採用が中心になるはずだから、そうなっちゃえば、男性と女性に差がほぼ無くなるから、女性と男性の給与格差が無くなるんだよね。欧米みたいな感じになる。

 

これは、まず女性にとっては朗報だよね。給料が単純に倍ぐらいになるんじゃないの。終身雇用がなくなれば、中途採用が中心になるから、結婚しても仕事が続けられるし、良いことしかないと思う。

 

男性にとっても朗報だと思うんだよね。日本の終身雇用だと一見、解雇がなくて安定している感じだけど、パワハラにあって辞めた時とか、仕事が合わなくて辞めたら一気に労働条件が悪くなるし、終身雇用の方が明らかに危険じゃんね。加えて転勤とかサービス残業も終身雇用だから起きるわけだし。

 

総合して考えると、ジョブ型雇用になると、欧米みたいに簡単に解雇される社会になると思うんだよね。そうなると、終身雇用が無くなるから怖い、みたいな人も多いと思うんだけど、そうじゃなくて、女性が仕事しやすくなって給料上がって、男性でもパワハラにあって会社やめても再就職できる世の中になるわけで、より良い社会になる。だから怖がることは全くないと思う。

 

まあ、それを日本企業が実行するかは未知数ですけどね。ではでは。■