The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

日本企業でパワハラされたら会社を辞めるべき理由

自衛隊パワハラが横行しているというニュースを読んだ。

 

news.yahoo.co.jp

 

自衛隊とか警察、消防みたいな体育会系の組織をパワハラ凄いって聞くからね。自殺者隠してるだけでいっぱいいると思うもん。実際。

 

こういうパワハラとかって日本の組織の特徴だと思うんだよね。終身雇用制度があるから年次が上の人間が圧倒的な権力をもって、それで上司がクズだと、好きなように部下を破壊できちゃう。これで部下が女性で上司が男性なら性奴隷みたいにできちゃうんだよね。男性なら、自殺に追い込めるしね。

 

そこで僕が言いたいのは、上司のパワハラのターゲットになったら会社を辞めるべきってこと。若い人はこういうの上司ガチャとか言うらしいけど、上司ガチャを外したら日本の会社って生きていくのは無理なんだよね。平気で部下を自殺させる上司なんて、マジで腐る程いるから。それで、また、そういう人格破綻者みたいな上司が出世するんだよね。下をイジメして、上にはヘコヘコするのが上手くて、部下の手柄うばって上に報告するから、だいたい、そういう人がトップに行くんだよね。

 

だから、殺されるか辞めるか、っていう事になるわけじゃん。死んだら元も子もないですからね。生きてこそですよ。

 

加えて今の日本って、30くらいまでなら第二新卒とかいって、就職あるだろうし、特に若いなら、さっさと辞めた方がいい。まあ、何歳でも同じだけどね。いびられて殺されるよりは警備員とかでも生きてる方が絶対いい。生きてれば巻き返せるチャンスもあるし。

 

さらに言えば、日本の会社ってパワハラがヤバいっていうのは自明なわけじゃん? だったら、辞める前提で仕事を選ぶんだって。例えば医者とか看護師の仕事なら、辞めても再就職できるわけじゃん。そういう風に再就職できる状態に持っていくのも一つの考えだと思う。

 

文系の大学でて漠然と会社はいって、スキルもなくて、上司にパワハラされて、そうなってくると、なかなか次の仕事を考えると辞めれないからね。それを分かって上司もイジメをするからね。

 

まあ、こんな感じだと思います。とりあえぜパワハラあったら辞めるしかないと僕は思います。■