The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

AV女優が手に職をつけるべき理由

AV女優が引退後、貧困に陥るケースが多いという話をきく。

 

これって、AV女優で裸を売りにしてるから、じゃないと思うんだよね。

 

単純に、AV女優の仕事は若い時にしかできないわけじゃんね。極論、オバサンの裸なんて誰も見たくないからさ。

 

それで、普通の仕事なら、若い時から継続してるから、仕事のスキルがついてるから、年齢が上がっても仕事があるわけだけど、AV女優の仕事は、スキルの蓄積がなくて、歳を取ったら若さもないし、スキルもない、ということになっちゃう。

 

だから、もしAV女優がしたい人がいたら、やる段階で、歳を取った時に食ってけるスキルを並行して身につけないとダメだと思うんだよね。

 

例えば美容師の資格をとるとか、介護士の資格をとるとか、プログラミングの勉強をしておくとか、何か、資格なりスキルを身につけおかないと仕事がなくなる。

 

そりゃ、そうだよね。AV女優に限った話じゃないんだよね。

 

ずっと漫画家目指してたいた人が、途中で夢破れて、スキルなかったら貧困になっちゃう。だから、無理目な夢を追いかけるなら、ダメになった時にのために、なんか資格の勉強も並行してしないとダメなんだよね。

 

もっと言えば介護士の仕事をしながら、漫画家するとか、AV女優しながら美容師もする、みたいな軸を二つ持っておけばいいと思うんだよね。

 

あと、AV女優さんなら、普通に結婚すればいいしね。今時、誰も気にしないよ。

 

そうすれば貧困にならないです。

 

どうだろうか。■