The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

志村けんさんの死に思うこと

f:id:aki_pwd7:20200401165646j:plain

 

コロナ・ウィルスで超人気コメディアンの志村けんさんが亡くなった。

www.nikkei.com

 

ネットを見ても世間を見ても、みんな悲しんでいるし、日本人に愛されたスターだったんだな、と思った。

 

思ったのだけどさ、彼の人生を見ると、芸能の世界で大成功して、良い人生だったと思うんだよね。それで、享年も70歳で、良い時期に亡くなったと思うんだよね。

 

まだ惜しまれるぐらいのときに、ピンピンした状態でコロリと死んでいくって理想かなと思うんだわね。

 

確かに悲しい死ではあるけど、良い死に方でもあったと思うんだよね。

 

ウィルスのせいで隔離されて1人で亡くなったことが悲しいという意見もあるけど、確かにそうだけど、生きようとして隔離治療してて、前を向きながら彼は亡くなったわけじゃんね。

 

悪くないと思うんだよね。人生ってそういうもんだよね。今を一生懸命生きてて、死ぬ時はただ死ぬ、みたいなそんなもんだと思うんだよね。

 

樹木希林さんが何かで言ってたけど、死は日常なんだよね。人間は絶対いつかは死ぬわけで、仕方ないんだよね。争うこともできない、突然、人生は終わるんだよ。そういうものだわね。

 

マスコミは、コロナウィルスの恐怖を志村さんが教えてくれた、って言ってたけど、そういう捉え方もできるけど、生き様的に、こういう生き方もあるんだよ、って僕は教えてもらった気がする。

 

ご冥福をお祈り致します。■