The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

令和は他者と深く関わらない方が良い時代な理由

f:id:aki_pwd7:20200305112336j:plain

Photo by Ahmed Zayan on Unsplash

 

インターネット社会になって、いろんなネットメディアが出てきた。ツイッターであったり、5chであったり、YouTubeであったり。

 

そこの多くは匿名で、人間の本音が羅列されている。

 

富裕層は貧困層をゴミだと見下し、容姿の美しい人間は、そうじゃない人間を笑い物にし、白人はアジア人を見下し、高学歴の人間は低学歴の人間を嘲笑う。

 

コロナウイルスで日本人が欧米で差別されたと騒ぐが、日本では東南アジア人が工場で奴隷労働させられ死んでいる。自分が差別される時は騒ぎ、自分がする差別は見て見ぬ振り。

 

日本のフェミニストは社会が男尊女卑だと泣いて訴えるが、反面、デートや結婚では当たり前のように男性からお金を搾り取る。お金がない男は平気でゴミだと言う。

 

結局、日本って、強者が弱者をいたぶりたいだけの社会なんだよね。自分より劣った人間を探し、サンドバッグにしたくて、したくて仕方がない。

 

だけど、人間なんて、ちょっと病気になればお金稼げなくなるし、時間が経てば老人になっていく。誰だって弱者のサイドに行くんだよね。結局。

 

だからこそ、今の時代、日本では、他者と深く関わらない方が良いんじゃないのか? って思う。その場その場で、適当に会話をする程度で良いと思う。

 

結局、人間、一人で生きて、一人で死んでいくのだと思う。だって利用価値が無くれば廃棄されるだけの時代なのだから。■