The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

GDPの減少と終身雇用制度の関係

f:id:aki_pwd7:20200217212458j:plain

Photo by M. B. M. on Unsplash

 

日本のGDPが下がったというニュースを見た。

 

www.nikkei.com

 

マスコミや政府は好景気、好景気、言ってたけど、実際問題、一般庶民の生活はどんどん苦しくなっていってるわけじゃんね。

 

実際、バブル崩壊してから日本の経済はずーーーーーっと下がってるわけでしょ。

 

これは、何でだよ? と。

 

結局、日本って、いろんな規制があって、経済活動ができる状態じゃないと思うんだよね。そこを規制緩和するっていうのがアベノミクスの骨子だったと思うんだけど、ぜんぜん規制緩和できなかったわけだよね。だから、下がり続けてる。それだけの話だと思うんだよね。

 

じゃあ自民党から野党に変えたら規制緩和できるか? 100パーセント無理ですよ。左翼系は規制を強化するからね。さらに経済が悪くなる。もう悲惨ですよ。

 

日本の規制の最大のものが終身雇用で、ここがネックで経済がダメになってる。社員を解雇できないと、中途採用できないし、女性も雇えないし、社員は社員で雇用の流動性が無いから会社に意見も言えないし、どうにもできないと思うんだよね。

 

いろんな問題あるけど、まず終身雇用を廃止できないと、どーもならず、発展途上国レベルに落ちていくと思いますよ。

 

世の中、甘く無いですからね。■