The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

人間、死ぬ時は死にますって。

f:id:aki_pwd7:20200216085907j:plain

Photo by Tom Ezzatkhah on Unsplash

 

世間はコロナウィルスの話題一色である。

 

確かに感染したら、熱が出て肺炎になって、下手すると死に至る、という話で怖いわね。

 

だけど、人間、どんな注意していたって死ぬ時は死ぬと思うんだよね。交通事故だってあるしさ、会社でパワハラにあって自殺する人もいるし、我々、リスクに囲まれて生きてると思うんだよね。

 

いちいちウィルスに一喜一憂してても仕方ない気がする。

 

人混みにあまり行かないとか、風俗に行かないとかね、いかにも感染しそうなことは避けて、生活して、それでも感染するようなら、まあ、仕方ない。

 

そうなったら家で寝てれば良いんですよ。ようは風邪なんだから、寝てれば治りますよ。

 

実際、致死率は低いし、亡くなってる方を見ると、もともと病気で身体が弱ってる人とか、高齢者だからね。ほっといても死にそうな状態のところに、ウィルスがとどめを刺したという感じだと思うんだよね。

 

だから、よほどじゃない限り、恐れる必要はないと思う。

 

それでも亡くなるなら、それまでの人生でいいじゃないですか。リスクを恐れていても、いつかは死ぬのだし、老いていくのだ。

 

そうであるなら、我々は今を精一杯、生きるしかないではないか、と思うのだ。■