The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

普通の女性が政治家になって1億円稼ぐ方法

最近、ニュースみてたら世界経済フォーラム(←まず、この組織が意味不明だが国連みたいなもんだろう。。。)が、日本が男尊女卑で、けしからん、って言ってるらしいというニュースを見たい。

 

www.bbc.com

 

その根拠の一つに日本の女性の政治家が少ないというのがあるんだよね。

 

www.nippon.com

 

上の記事によると、日本の女性の政治家比率は1割で実際、世界最悪の水準らしいんだよね。欧米見ると、大体、3割から4割という感じらしい。

 

この水準を、どうにか上げたいんだけど、こればっかりは女性が、どんどん選挙に立候補するしかないんだよね。

 

そこで、女性が政治家にメリットなんだけど、結構、あるんだよね。

 

まず選挙戦になると、女性というだけで男性より強いんだよね。出さえすれば、アドンバンテージがある。

 

その上で、政治家って給料も良いし、時間の都合もつけやすいし、やってみる価値はあるよね。政治家の給料って、もろもろで1億とかいくからね。本当に。世界最高に政治家の給料高いの日本だからね。欧米の10倍とか、そういう水準だわね。

 

日本で1億今稼ぎたかったら、YouTuberか政治家しかないよ。実際。

 

だけど、日本の選挙って供託金が高い。国政だと300万から600万いる。こうなってくると一般人、立候補できないんだよね。

 

その供託金って、つまり選挙の参加費用みたいなもん。詳しくは下のリンクで。

 

ja.wikipedia.org

 

これは既存の政治家が地位を守るために供託金をあげて、一般人が立候補できないように嫌がらせしてるわけね。共産党とか自民党とかね、まあ、信じがたいクズですわね。でも、日本はそうなんだから仕方ない。欧米とか実際、供託金、ほぼゼロだからね。笑っちゃうほど日本の政治って腐ってるんだよ。

  

そこでどうするか? と言ったら、地方選挙に狙いを定める。供託金が50万くらいなんだよね。払えないことないから、そこから勝負をかける。田舎だと供託金が0の地域もあるし、自分の地元を調べてさ。0だったら、意地でも出た方がいい。

 

一回、議員になれば給料が恐ろしく良いから500万くらい軽く作れるから、国政選挙も出れるし、市長選挙や知事選挙もでれる。知事選の供託金も300万とかなんだよね。

 

で国会議員か市長か知事になれたら年収1億いきますわね。

 

こういうプロセスで女性が政治家狙っていけば、簡単に政治界を女性が支配できると思うんだよね。

 

後はやるか? やらないか? だわね。道はできてるよ。■