The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

政治家と芸能界が世襲ばっかの理由

日本の政治と芸能界には、ある共通項がある。それは、世襲ばっか、ということだ。

 

自民党の内閣みても、ほぼ100パーセント世襲安倍晋三さんも麻生太郎さんも、小泉進次郎さんも、だいたい有名な日本の政治家は世襲

 

これは、理由があって、日本の選挙って、まず供託金が高い。300万円ぐらいするから、一般人が立候補できない。結果、世襲ばっかになる。

 

それ以外にも、とにかく世襲議員が有利にゲームを運べるようにルールができている。

 

だから、政治が腐敗してるし、女性の議員も少ない。ようは政治家は息子に自分の選挙区を与えるから、男性比率が上がるんだよね。

 

同様のことが日本の芸能界にも起きている。実力じゃない。テレビにでれるか、どうかで人気が決まるから、競争がない。

 

YouTubeみたって、世襲のYouTuberなんかいないでしょ。まあ、歴史が浅いけど、YouTubeは誰でも参入できるから、世襲になる余地がないんだよね。

 

だから、テレビはつまんないんだよね。キムタクの娘とか、そんなばっか。アホみたい。

 

競争がないから、学芸会みたいなレベルの歌手、学芸会レベルの俳優に女優、見てるだけでゲロがでる。

 

ニュースでも、テレビ局の社員は世襲になってきてる。

 

プロ野球やらプロサッカーみても実力の世界だから世襲なんて起こらないんだよね。

 

世襲でやってる業界なんて、もう死んでると思って間違いない。世襲で政治やってる国、そんな国、未来なんてわけないんですよ。■