The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

45歳でリストラされる国で我々はどう生きれば良いのか? 

45歳、既婚男性であると、子供がいてお嫁さんがいてお金がかかる年齢、、、、しかし無慈悲にも、その年齢でリストラが横行している。

 

 

www.youtube.com

 

うーーーーーむ、である。じゃあ、そんな世の中をどう我々サバイバルしていけば良いのか? を考えたい。

 

まず、今、学生等のヤング・パーソンに言いたいのは日本企業で会社員なっても45あたりで無慈悲の死の宣告ですよ。もう分かってるわけじゃんね、今のヤングは。

 

だったら打つ手は決まってくる。資格取るとか、自営業するとか、大工さんなって手に職をつけるとか、そういうベクトルですわね。

 

大きな会社いっても、もう、あんまり意味ない気がする。

 

そうなってくると、じゃあ公務員って感じだろうけど、公務員こそヤバイ気がする。だって日本自体が縮んでる段階で公務員か、って感じがする。教員は手に職系だから、ありだけど、それ以外は避けた方が良いと思う。

 

問題はシニア層だよね。

 

おいおい、だよね。会社員なったら生涯安泰じゃなかったんかい?! 終身雇用じゃなかったんかい?!!!! 45で寒空の下、ほっぽりだされたら、どうすんじゃない?

ってなるわね。

 

こうなってると、

 

強く生きろ、グッドラック! ベイビー!

 

としか言いようがないんだよね。

 

タクシー運転手するとか、介護士とかするとか、何でも良いから食える仕事探すしかないと思うんだよね。今更、手に職なんかオジサンつけらんないもんね。

 

 

もう悲惨。笑うしかない。

 

HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!!!!!!!!

 

そんな感じで頑張りましょう。もう、というわけでリストラされても普通だから、そんなもんだな、、、、みたいなフィーリングで生きると精神的に良いと思います。

 

人生、ドブさらい、るーーーー、るるるーーーーーーー。

 

では。■