The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

女子は手に職をつけにいった方が良い理由

女性の人生、というものを考えたときに、これを言っちゃうとアレだけど、日本の場合、デートでも結婚でも、男性がお金をだすから、経済力ゼロでも日本は女性ならば生きていける国なんだよね。

 

良くも悪くもそういう状況に令和ジャパンはある。

 

だから女子は勉強や仕事を頑張らないでも良いと言えば良いんだよね。別に。

 

その上で、自分で稼いで生きていくのも当然大事じゃんね。そこで、何を仕事にするか? と。

 

普通に高卒なり大卒で一般企業に就職も良いと思うのだけど日本の会社って年功序列で終身雇用だから、結婚しちゃうと、会社を一回辞めるよね。そうなると、再就職がなかなか無いんだよね。あっても条件が厳しい。これは男性も同じで、会社を辞めちゃうと日本は大変なんだよね。特に女性は結婚すると、辞めざるを得ないケースが多いと思うんだよね。

 

だから、転職を人生に織り込んで考えると女性の場合は良い。

 

転職できる仕事は手に職がある仕事なんだよね。代表的なのは医療系、医者、看護師、薬剤師。IT系のプログラマ。法律系だと弁護士、司法書士。経済系だと税理士、公認会計士。あとは公務員。公務員は育休がしっかりとれるからっていうことね。

 

女性の弁護士とか司法書士狙いもいいかなって気がする。試験が難しいから、ダメだったらダメだったで、普通に就職すればいいしね。

 

あと給料が低いけど、介護士、美容師、とかもいいと思う。美容師とかね、メイクとかファッション好きなら楽しいと思うんだよね。楽しい仕事って良いよね。

 

まあ、一度きりの人生ですからね、好きに生きるのがいいけど、まあ、手に職つけると貧困層になりにくいってのがある。

 

あと結婚でも離婚とか、旦那さんが病気っていうパターンもあるから、そういう意味でも経済力あると良いって思います。■