The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

ルッキズムとラグビーと

ラグビーW杯で、日本代表が優勝候補のアイルランドをくだした。ラグビーはルールすら分からないのだけど、とりあえず感動した。

 

youtu.be

 

ラグビーの選手のなにがいいって、サッカー選手みたいに、過度なオシャレしてない感じがいいんだよね。

 

日本って、ジャニーズとかみてても、すっごいオシャレしないとダメ、太ってたらダメみたいな空気があって、あれがきついんだよね。

 

男女問わず、美しくあらねばならないみたいな、ラグビーは、けっこう、普通じゃんね。短髪でヒゲぐらいなもんで、だから、なんかほっとするんだよね。

 

TVつけると、すごい美人な女子アナウンサーがいて、アナウンサーはニュース読むのが仕事なのに、美貌を求められて、日本のルッキズム(容姿至上主義)の象徴みたいな感じで、疲れるんだよね。

 

だから日本のルッキズムの対極にある、ラグビーみると落ち着くんだよね。

 

顔なんて、ついてれば良いだろ、って思うんだよね。どうだろうかね。■