The Catcher in the Rye

日記ブログです。気が向いたら読んでいってください。

女子が政治家を目指すべき理由

近年、女性の社会進出がすすんでいるけど、日本は女性の政治家が少ないこと有名なんだよね。そこで、女性政治家を増やすために、女子が政治家になるメリットを書きたい。

 

★★★

 

1)年収2000万と超高給取り

 

まず年収だよね、以下の議員の給料解説のページを読んで欲しい。だいたい年収2000万円。超高給取り。

 

医者とか弁護士でも、こんないかないし、世界的に見ても断トツで日本の政治家の給料は高い。

 

それだけ政治家が大事にされてるんだよね。まず、メリットはお金。

 

ユーチューバーで一攫千金より、政治家の方が可能性は高いと思う。

 

heikinnenshu.jp

 

2)女子は今はなりやすい

 

男子の立候補者に比べて、女性政治家の方が人気なんだよね。選挙報道みてても、女子の政治家は少ないから、得票しやすい。

 

例えば女性で、フリーターやってる女子がいたとする。年収100万とかでしょ、通れば、これが一気に2000万になる。さらに議員年金とかあって、年金もすごいもらえるはず。

 

立候補するのに2パターンあって、自民とか既存の政党から出るパターン、まあ、これは難しいよね。もう一つは、自分で勝手に立候補するパターン。この場合、供託金が国政だと300万必要で厳しい。

 

供託金というのは、選挙に立候補するために国に払う参加料金だよね。

 

だけれど、地方選挙だと、この供託金が30万から60万くらいなんだよね。これなら、なんとか払えるだろうから、ここから、なんとか立候補して、当選して、って感じかなって思う。地方議員給料いいから、国政の供託金も楽勝で払えるようになるから。

 

3)働き方に融通がきく

 

政治家って基本、なんもすることないから、子育て中とかだと、本当いいと思う。たまに議会いくぐらい。

 

真剣にやるにしても、時間の都合はつきやすい

 

4)定年がない

 

選挙に通るかぎり何歳でも仕事できる。こんな仕事なかなかないですよ。

 

5)学歴、年齢、経験不問

 

そのままだよね。高給取りでホワイトな職場なのに、学歴、年齢、経験不問。

こんな仕事ないよね。普通。

 

だいたい資格とか、学歴とか要求されるじゃん。そういうの無いですからね。だれでも土俵に立てる。

 

6)超ホワイトな職場環境

 

上司もいないし、給料もいいし、超ホワイトです。宝くじ、買うより絶対いいよ。

 

7)ロウリスク、ハイリターン

 

選挙落ちても失うものがないんだよね。せいぜい供託金程度なんだよね。事業始めるとか、難関資格とるとかって、お金も時間も失う。何かを得るって普通危険じゃん。

 

でも、失うものが無い。少ない。恥ずかしいぐらいじゃんね。やるだけだよね。政治家にチャレンジするのはダメなことじゃ無いからさ。

 

今、公務員とか大企業で良い仕事してるっていうなら、アレだけど、大抵の人って中小企業じゃんね。やめても問題ないよ。

 

★★★

 

こんなとこかな、って思います。地方選挙は狙い目。当選すれば人生変えられると思います。

 

むしろ、チャレンジしない方がオカシイまであると思う。本当に。

 

フリーターでも中卒でもオッケー。行動力が全てです。■